2月5日(日)布多天神社つくる市 参加キャストのご紹介♪~R.M.kalimbaさん/民族楽器(カリンバ)、アクセサリー~手仕事に欠かせない大切な道具とは?

2012年2月5日(日)の調布・布多天神社つくる市にご参加されます
手仕事キャストのみなさんを紹介させていただきます♪

今回は、民族楽器のカリンバなどを制作されていらっしゃる、
R.M.kalimbaさん です♪

111021kuri20.jpg

カリンバとは、アフリカの楽器の一つで、
板や箱の上に並んだ鉄や竹の棒を親指の爪ではじいて演奏する楽器です。
かたちなどは作る人によって様々のようで、音を奏でる棒の数も
正確に決まっていないのだそうです。オルゴールのルーツとも言われています。

そんなカリンバを作っていらっしゃるR.M.kalimbaさんにもアンケートに
お答えいただきましたのでご紹介させていただきます(^^ゞ


Q1:布多天神のつくる市へのご参加は何回目ですか?
  初めての方は来場者の皆様に向けてぜひ自己紹介をお願いします!

A1:2/5で6回目です。



Q2:2012年2月5日のつくる市で、どんな作品を発表していただけますか?
   イチオシの一品をご紹介ください!

A2:特別に新しいものはないですが、大きなクリの一枚板の20キーモデルです。
   大きなボデイがよく響きます。



Q3:手仕事(作品作り)に欠かせない大切な道具をお持ちでしたら
   ぜひご紹介ください!どのように使われていらっしゃるものなのか、
   また道具に対する思い入れやこだわりなどのエピソードもありましたらお聞 かせください。
   
201201281122000.jpg

A3:とくに特別な工具は使っていませんが、カリンバのチューニング用に使っている
   小型のハンマーです。これでキーの両端を軽くたたいて前後させて微妙な調節を
   します。赤い方は市販のマイクロハンマーですが、右のものは細工用の小型の
   金槌の柄を切り詰めて使っています。



ポロンポロンとR.M.kalimbaさんの親指から弾かれる音色は
趣ある天神社の境内から一気にアフリカ大陸にイメージトリップさせてくれます。

R.M.kalimbaさんの大切な道具は、とても味のあるハンマー。
カリンバに限らずチューニングは楽器にとって重要な工程です。
金槌の柄を切り詰めて道具そのものを使いやすいように改良して、
さらに自分の「手」にされていらっしゃるのですね☆彡

ご来場の際は、R.M.kalimbaさんのカリンバの音色をお聞き逃しなく(^^)♭



布多天神社つくる市 次回は2月5日(日)境内にて9時~16時まで開催します。
アクセスは左記リンクよりご確認ください。

調布・布多天神社つくる市&深大寺手作り市」のfacebookページを開設しました!
上記リンク先のfacebookページ内の「いいね!」ボタンを押していただくと
最新更新状況がフェイスブックのウォールなどでチェックできます☆彡
facebookユーザーの方は「いいね!」をお願いします(^^ゞ


↑こちらもポチリお願いますm(_ _)m↑
スポンサーサイト

テーマ : 楽器・音楽をエンジョイ♪
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント