蕎麦巡り「大當りや」

今回は「大當りや(あたりや)」さんをご紹介。

と、言っても手作り市会場のすぐ隣。
迷いようがありません。
IMG_8478.jpg
ワンちゃんがいても食事が可能なところがいいです。



チラっ…。
IMG_8477.jpg
気さくなご主人。
いつもはすぐ隣の水神苑で蕎麦を打っている職人さんです。
土日など限定オープンの貴重な蕎麦屋さん。



日は当たれど、風が冷たかったので
温かいお蕎麦が心も温めてくれます。
IMG_8480.jpg
落語「時そば」がいつも流れています。

クマさんは時そばを知らなかったので、ここで一つ説明を…。
もともと関西古典落語では「時うどん」。
関東に江戸噺言葉として伝わったときに「時そば」となりました。

ある男が立ち食い蕎麦屋に立ち寄ります。
箸から器、そばと褒めに褒めまくります。
そして、お勘定。
男「1、2…7、8、旦那今何時で?」
主「へい、9つで。」
男「10、11…」
と1文ごまかします。
それを隣で見ていた別の男が感心します。
次の日、別の蕎麦屋で試そうとしますが、果たして…。

江戸時代の時間の数え方が分かっていると面白いです。


IMG_8476.jpg
こんな景色を見ながらいただきました。
心も体もホコホコです。
スポンサーサイト
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント